家庭保育教育のスペシャリスト

赤ちゃん チャイルドマインダーとは、家庭保育教育のスペシャリストの事であり、 近年注目を集めつつある資格の一つでもあります。

保育園などの保育施設に幼児を預かって面倒を見る
保育士、 家庭で赤ちゃんや乳幼児の面倒を見るベビーシッターなどとはまた違います。

家庭の外でありながら家庭的に両親の教育方針を実現する家庭教師と保育士を併せ持ったような、 総合家庭教育保育士とでも呼ぶべき存在です。

対象とする子供は主に0歳から12歳まで。イメージ的には生まれてから小学校までということです。

現在、イギリスでは、家庭外保育を必要とする家庭の71%で利用されており、 子供の保育方法としてごく一般的な地位を得るまでになっています。

どのようなメリットがあるのか

チャイルドマインダー利用の利点は、なんといっても家庭外で家庭的な保育・教育が受けられるという点に尽きるでしょう。

保育園では、少なくとも十数人の子供たちが一斉に動くのを見守るだけで保育士は手一杯
になりますので、 個々の子供たちの細やかな状況や成長をサポートするというのは無理が
あります。

その点、少人数(2~3人)で自宅を保育室として用いるチャイルドマインダーは、
一人ひとりの性格や成長、状況をきめ細やかに把握して、丁寧な保育を行うことができます。

ベビーシッターの場合も、子供一人か兄弟姉妹ぐらいを相手にしますので、細かな対応が
できるという利点を持っていますが、 事情により家を使えない場合も有り得ますので、
チャイルドマインダーの出番となるわけです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像