保育の需要について

子供 チャイルドマインダーの需要ですが、ジリジリと増えているというのが大きな方向性でしょう。

そもそも、こうした働くお母さんのための保育施設の主軸である保育園は、 現在全国で2万5千人以上の待機児童が居るという状態です。

もちろん、都市部と地方での格差も大きく、大都市部では待機児童が発生している一方、 過疎地の保育園では定員割れしているという現状もあります。

ただ、都市部に関して話をする限り、依然として保育施設は需要を満たしていないという状態があります。

加えて、預けられるなら子供を預けて働きに出たいというお母さんはかなりいるので、 潜在的な保育施設の需要があるとも言えます。

将来的にはどうなる?

また一方で、チャイルドマインダーのように、少人数保育の良さを認め、 志向する人が増えてきているという状況もあります。

自宅外に預けていける保育スタイルで、親としての細かな教育方針、しつけの方針などを反映してもらえる保育スタイルは、 チャイルドマインダーによって形作られたといってもよいでしょう。

自身は働くために時間が取れないが、こどもの教育にも熱心な親では、 こうした二人三脚的に子育てができる保育スタイルを歓迎する向きがはっきりと出てきているようです。

また、保育「施設」という主体者、責任者が曖昧な相手ではなく、 個人業主ですのではっきりと個人を相手に信頼関係を結んだ上で大事な子供を預けることができるというあり方も、 チャイルドマインダーの需要を伸ばしている理由といえるでしょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像