働き方によって収入には大きく幅が

チャイルドマインダーは、まずその働き方、すなわち個人事業主として働くのか従業員として働くのかによって収入とその安定性が大きく変わってきます。

自宅を保育施設としたり、訪問で保育を行うチャイルドマインダーの場合は、単純に預かる人数×日数で収入が見えてきます。

ごくアバウトな相場を見てみますと、預かり保育型の場合、時間あたり1500円、一日で1万円から1万2千円といったところになるようです。 30日フルということはあまり無いでしょうから、25日程度とすると月収30万円ぐらいでしょうか。

訪問型の場合は、これより少し単価が落ちて700~1000円程度になります。 この場合は8時間保育したとして6000~8000円程度。25日間同じ要領で保育をしたとすると20万行くか行かないかぐらいでしょうか。

どちらの場合もここから自分で用意しなければいけない備品などの経費が差し引かれていきます。 一応の目安として計算して見ましたが、どれぐらいの単価設定をして、何家庭の子供をみるのか、何人保育するのかなどでも大きく変わってきますので、上限・下限共に大きく幅があります。

企業の保育室勤務の場合

一方、企業等の保育施設勤務の場合は、そこでのお給料の規定に従うことになります。 こうした保育室勤務は、メインのスタッフとしてよりはピーク時の応援や、保育士が少ないタイミングでのピンチヒッター的な立場で勤務する例が多くなります。

例えば土日のみ勤務で、時給1000円設定という場合、大体月給6万円前後になります。これぐらいの勤務ならば、自身の家庭のこともやりつつ働くという事も可能でしょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像