養成講座を受講する必要がある

チャイルドマインダーの資格を取るためには、いくつかある認定された養成講座を修了して、検定試験に合格する必要があります。 講座は「NPO法人日本チャイルドマインダー協会」が認定した学校や、チャイルドマインダージャパン指定の養成講座があります。

また、ヒューマンアカデミーのチャイルドマインダー養成講座も、チャイルドマインダー発祥の地、 イギリスにて政府が許可する最大の国家職業資格付与団体・Edexcelよって提供されるBTECLevel3認定スクールとなっています。

カリキュラムの内容としては、チャイルドマインダーとしての心構えをまず身に付け、子どもに絵本を読み聞かせたり、怪我の応急手当を学んだり、 栄養のバランスを考えたお弁当作りなどが含まれています。

子ども一人ひとりを大切に育んで、高い保育スキルを持つ保育の専門職として活躍するためになくてはならない知識です。 日本で資格取得をした後は、イギリスにてチャイルドマインダーとして働くことも可能でしょう。

通学と通信 どちらかを選ぼう

チャイルドマインダーの資格講座は、通学タイプと通信教育タイプの二通りがあります。 通学タイプは日曜なら日曜、水曜なら水曜というふうに、基本的に週一回何処かの学校で講義が行われるというスタイルとなっています。 どうしても講習を欠席しなければならないときは、振替受講も可能です。

通信教育タイプの場合、3ヶ月から半年位の期間での習得となります。単位そのものは通学の場合と同じです。 こちらは忙しくてなかなかまとまった通学時間などが取れない人に向いているでしょう。 ただし、通信教育の場合でも全て通信で済むわけでは無く、幾つかの単位でスクーリングが必要になることは覚えておく必要があります。

いずれかの方法で、規定カリキュラムを修了後、検定試験を受験、合格するとチャイルドマインダーとして資格を取得することができます。 自宅を保育施設とする場合には、開業前に訪問審査があります。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像