年齢条件に注意

チャイルドマインダー資格は認定試験を合格することで得られますが、その認定試験の受験資格としては、 指定カリキュラムの受講が有りますので、実質、講座と試験までがセットになっていると考えたほうがよいでしょう。

もちろん、試験の合格率は高いというものの100%ではないので、 受講が終わった後に何度か試験を受ける可能性というものはあります。

カリキュラム受講の他に必要な資格としては、 日本チャイルドマインダー協会のチャイルドマインダー資格認定試験の方では、20歳以上であることが求められています。

一方、チャイルドマインダージャパンの認定試験の方では16歳以上であることが必要条件となっています。

この年齢条件は、通学・通信講座の受講申込をするために必要な条件でもあります。

経験豊富な中高年に向いている?

逆に上限年齢などは有りませんし、性別規定も有りませんので、子育てを終えて時間が空いた50代女性や、 定年退職後の男性などでもチャイルドマインダー資格取得にチャレンジすることができます。

チャイルドマインダーの性質上、若く吸収力に優れていることより、それなりに人生経験や子育て経験があって、 人格が完成している人のほうが好ましいので、むしろ中高年の方が向いている資格かもしれません。

同じく子育て経験があっても、まだ自分の子育て真っ最中な30~40代では、 他人の子供を預かるまで手が空かないとも言えますので、なおさら子育て後世代にこそ向いているかもしれないと思います。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像