チャイルドマインダーQ&A

質問 チャイルドマインダーで自宅開業は可能ですか?

回答 チャイルドマインダーの基本となるのが、自宅を保育施設とした個人事業主としての保育スタイルです。

対象の家庭に行って保育を行う「訪問型」や、企業の保育室などに勤める「勤務型」もあるのですが、基本となるのはこの「自宅開業型」となります。

自宅開業は、家庭外保育と言うことで訪問型保育より時間単価を高く設定できるという利点があります。 (勤務型は施設費用分差し引かれた給与になっています)

それでありながら、自宅を利用している分、大規模な開業費用などが必要なく、イニシャルコストを低く始めることができるという利点や、 自宅が職場になるため通勤などの苦労が無くなるという大きなメリットをいくつも持っています。

しかし、日本ではチャイルドマインダーによる小規模保育はまだ一般化していないため、自宅を保育施設にしての開業には多少手間がかかります。

自宅開業には、まず基本としてチャイルドマインダー資格を取得した後、各種認定団体の職員が訪問審査を行い、在宅保育所として必要なレベルを満たしているかどうかを審査されます。 これに無事合格すると、晴れて在宅でのチャイルドマインダーとして開業することができるわけです。

その上で、実際に保育契約が結べるかどうかは、周囲からの信頼感や説得力、何より実際の保育の質に依るでしょう。

なお、在宅で開業すると、色々条件にもよりますが、預かる子供一人につき5~6万円は稼ぐことができるようです。 3人預かる場合では15万円となりますので、家事もしつつという働きかたとしてはかなり割が良いといえるでしょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像